キャリアアップを図るなら宅建の資格を取るべし

模型を持つ人

不動産や金融業に利点あり

資格にはいろいろな種類があります。しかし、宅地建物取引士こと宅建の資格は比較的未経験の場合でも取得しやすいのです。それでいて就職や転職に有利として取得に挑戦する人も多い傾向にあります。人気の高まりとともに注目度も高まっている資格です。

ビジネスに役立つ専門知識

宅建は不動産関連の国家資格であり、不動産取引業においては必須とされています。また、土地や建物に関する専門知識は一般企業においても活用されています。受験者数の非常に多い資格であるため、通学講座・通信講座・市販の参考書を使っての独習など多様な勉強手段が提供されています。

仕事でのキャリアアップ

男の人

どんな人にオススメか

宅建士の資格は不動産関連の職業に就いている人がお仕事で必要になったり、キャリアアップを目指して取得を目指すことが多い資格です。「宅地建物取引士」という名前が正式名称で、その名の通り、家など不動産の取引をする際に取引の説明を行うのが主な業務内容となっています。国家資格であることから宅建士の資格は難易度が高く、合格率は毎年15%前後です。宅建士は不動産取引に関する知識に加えて、不動産取引を行う上で必要な物権法関連の民法に関わる知識が必要です。そのため、勉強量も相当な量が必要で、お仕事と勉強の両立も難しいというのがこの難易度の高さの理由の一つと言えます。宅建士の資格を取得するための勉強法には、スクールに通う、通信講座を利用する、独学で勉強するという3つの方法があります。スクールに関しては、資格関連のスクールや法律関連のスクールを探せば宅建士試験の対策講座が開かれています。自分ひとりで勉強を進めることに不安があったり、直接先生と会話の出来る環境で勉強したいという方にはスクールがオススメです。ただ、費用は一番かかってしまうのと、お仕事と並行してスクールに通うのが難しいというデメリットもあります。通信講座は添削を受けることが出来るのと、テキストも要点がまとまっているので、家でも効率よく勉強することが出来ます。そして、一番費用が掛からないのが独学での勉強ですが、こちらは法律を学んだことがある方しかあまりおすすめしません。法律関連の問題は解き方があり、それに慣れていないと筆記試験で点が取れないことが多く、法律を学んだことがない方はしっかり添削をしてもらえる通信講座かスクールがオススメです。

不動産のプロを目指すには

宅建とは、宅地建物取引士という国家資格の略称であり、不動産業界で働く人をはじめとして年間20万人以上が受験している人気資格です。試験は例年決まった形式なので、対策を立てて出題に対応できれば合格に近づくことができます。