キャリアアップを図るなら宅建の資格を取るべし

文房具

ビジネスに役立つ専門知識

学習

不動産取引のエキスパート

宅建はわが国で最も人気の高い資格と言われており、国家試験は毎年20万人前後の受験者があります。宅建は正式名称を宅地建物取引士といい、不動産取引の際に行う重要事項の説明や契約内容の確認などを主たる業とします。説明書や契約書への記名押印は宅建の独占業務となっており、資格がない者が行っても正式なものとは認められません。宅建の有資格者は不動産の評価や売買、賃貸借等に関する専門知識の持ち主とみなされ、高い信頼を寄せられています。不動産業界のみならず、一般企業の社員にあっても資格の取得が奨励されています。そのため、就職や転職の際に持っていると有利な資格だとされています。宅建取得のための勉強方法はたくさんあり、教材も豊富です。基本的には、専修学校等の受験対策講座に通う、通信講座を利用して自宅学習する、市販の参考書や問題集を購入して独習する、の3通りの方法があります。自分の好みや生活スタイルに合った勉強方法を選ぶようにします。受験勉強に必要な期間は人それぞれですが、ちなみに通学講座の場合は週2回の講義で6〜9か月というコースが標準的です。通信講座の場合もおおむねこれに準じます。一方、学習に必要な費用についてですが、独習の場合が千差万別であるのは当然として、通学・通信講座の場合も非常に幅があります。通学講座なら安いところで5万円程度、高いところでは20万円近くに達します。通信講座なら3〜15万円ぐらいの幅があります。この違いは講義の回数やテキストの分量、WEB等を活用したサポート体制、過去の合格実績などによるものです。